Web小説をサクッと書いて見た→すいません調子に乗りました

最近、コロナ禍の影響もあり、
ネットをすることも増え、Web小説を読む機会も増えた。

Web小説サイトは、プロじゃない素人さんが、
オリジナルの作品を発表する場だ。
(たまにプロの作家さんも書いているようだが)

有名どころでは、『小説家になろう』『カクヨム」『アルファポリス』などだろうか。
もちろん読むのは無料だし、ID登録をしなくても読める。

Web小説には面白い作品がたくさん

読んでみたことがある人はわかるだろうが、
素人とは思えないほどの作品も多々あり、人気作品は書籍化したり、
漫画やアニメ化したりなど、その後の展開もすごい。

かくゆう私も『薬屋のひとりごと』など、
新刊が出る度に図書館に借りに行っていたのだが、
まさかWeb小説が書籍化した作品だったとは思いもしなかった。
※薬屋のひとりごとは『小説家になろう』で読めますよ

検索しよう

もちろん素人が書いているわけだから、完成度の低い小説もあるし、
完結できないまま放置されている作品も多々あるが、
検索をかけてランク上位の、既に完結している作品を選べば大丈夫だ。

漫画化や書籍化されている本は面白いものが多いので、
『シーモア』などの無料漫画や、『アマゾン』など、
何を読めばいいか困ったらそちらから見てみるのもおススメだ。

趣味で書いた小説が、
雑誌社などがやっているハードルの高そうな小説大賞などに応募しなくても、
たくさんの人に読んでもらえ、お金になるチャンスもある、そんな時代なのだ。

若い作家さんたちが多いようにも思うが、
もちろん、私のようなおばちゃんが読んでも十分楽しめるし、
書いている作家さんも意外といるようだ。
前に80代のラノベ好きなおじいちゃん(読む専門)が
テレビに出てるのを見たこともあるしね。

要は、作品は面白ければ誰が書いてもいいし、
楽しめるのであれば何歳でも楽しんでいいのだ。

誰でも小説が書けるかもしれない

というわけで、膨大な時間をかけて色んな作品を読み、
だんだん自分好みの作品もわかってきて、
読む作品も尽きてきたけどもっと読みたいなぁ
と、思った所でふと思った。

あれ、私も書いて見ればいいんじゃない?と。

読みたい小説を自分が書けばいいんじゃないの?と。

なぜなら、毎日たくさんの作品がアップされ、
毎日1~2話の更新をしている人もいて、
「思い付きで書きました~」など言うコメントも多々あり
サクッと気軽に書いているように思えた事、

しかも50話100話は当たり前で、
300話、500話レベルで書いている人も沢山いたからだ。

小説1冊は10万字前後

ネットで調べると、だいたい10万字前後が小説1冊分らしい。

ということは、50話(1話2000字として)書けば小説1冊分になる。
100話以上書いている人がたくさんいるから、
私でもそのくらいサクッと書けるんじゃない?と思ったわけだ。

キー打ちは嫌いじゃないしね(手書きだと多分無理だった)。
考えて手も動かすから、ボケ防止にもいいかもしれない。

どこで書くかを決める

読むのは、
読みやすいし作品数も多い『小説家になろう』だったが、
こちらは読む専門でID登録はしてない。

以前、大量にポイントをもらえるからという理由で、
うっかり『カクヨム』に登録をしていたので、
そちらで試し書きがてらチャレンジしてみることにした。

せっかく登録したからには何か足跡を残したいしね。
今思うと、登録しておいて良かった。

とにかく小説を書いてみよう

プロットでもちゃんと書きゃいいのだろうが、
機能を試しつつ、お試しでサクッと書くつもりなので、
主人公と、前半だけざっくりと頭に思い浮かべ、
行き当たりばったりで書き始めた。

まず『カクヨム』操作性だが、
初めての人間でもすごくわかりやすいユーザインターフェイスで、
ほぼ悩むことなく、すぐに1話目を書くことができた。

しかも、他サイトでも普通にある機能かもしれないが、
字下げや、ルビ振りの機能、
後でページとページの間に1話挿入したいと思ったら
それも簡単にできる機能もあり、
いろいろ忘れたり、悩みがちな私にはありがたかった。

『小説家になろう』のほうで読むのに慣れてしまったせいか、
正直『カクヨム』はゴチャゴチャしていて見づらくて、
たま~にしか訪れない程度だったのだが、
書く分にはすごく書きやすかった。

もちろん『小説家になろう』で書いたことがないので、
比較はできないけど。

自分の力の程を知る

ようやく2000字、1話完成。
原稿用紙にすると5枚。

今日は、もうこれ以上頑張れないくらい疲れた。

考えてみたら、学生時代の作文や感想文ですら5枚は苦痛だったので、
これは確かに厳しい。むしろ1話書き上げた自分を褒めたい。

100話?
コメント見ると、みんなサクサク書いているようにみえたけど?
しかも500話書いている人って何者よ?
1000話まで書いたらもう素人じゃないでしょ。

3歩あるいて3歩下がる

なんとか3話目に突入できた。
ここまでで約6000字。

しかしふと考える、先に書いた部分に矛盾が出てきたからだ。

これもプロットをちゃんと作ってない弊害だろう、
仕方ないので1話目に戻って少し書き直す。

そうすると必然的に2話目も手直しとなる。

そして3話目をまた少し書き始めると、
「あ、ここのエピソードの前にフラグがあった方がいいかも」
などどいらないことを思い、また1話目に戻る。

そしてまた3話目に来ると、
「あれ、ここでこうしたい場合、前半で説明が必要だったよね?」
と、またしても1話目に戻る羽目に。

3歩進んで3歩下がるを繰り返し、ほぼ足踏み状態。

よく、小説書いている人たちのコメントで、
「行き当たりばったりで書き始めました~、毎日更新目指してます!」
とかあるが、

自分のこの有り様を見ると、自分には逆立ちしても無理だと思う。

しかも彼らは、話も面白くてランキング上位になるのだから
スゲーなとしか言いようがない。

こういう人たちもいるので、
きっちりとしたプロットが必須かは人によるのだろう。
私は書かないといけない部類の人間だった。

作品を読んでもらう前提での注意点

一度アップした作品は誤字や間隔調整以外は、
明確なルールがあるかどうかはわからないが、
基本的に書き直ししないほうがいいとされているようだ。

漫画の連載などでも、
一度書いたものはやり直しはできないからそれと同じなのだろう。

確かに読み切りならまだしも、
毎日次話を楽しみに読みに来る読者の為にも、
内容が大きく変わってはいけないだろう。

本人は作品の完成度があがり満足かもしれないが、
毎日、続きを読む読者にとっては辻褄が合わなくなる。
そんな事を毎度やられたら、作家に対する信頼感もなくなるだろう。
素人作家さんだからね~、などと大目には見てくれないのだ。

個人ブログなどのように、後でちょっと直しとけばいいやみたいな
感覚でいたらいけないということだ。
素人のWeb小説だからと言って、
素人感覚でいてはいけないということなのだ。

どうしても修正したい場合はご報告

最初、私は完結したものしか読んだことがなかったので、
作家さんが、修正箇所を随時ご報告している文面を見ては、
なんでいちいち報告するんだろうと思っていたが、

読者は完結したものではなく、先にも書いたように、
更新ホヤホヤの連載作品をチェックして、
毎日読むのを楽しみにしている人が多いのだ。

それであれば確かに、
既に読んでいる部分が勝手に変更されていたら困るわと
ようやく理解できたわけである。

結論

もし矛盾が生じたとしても、後で回収できるだけの筆力が自分にはないから、
終わりまで書きあげてからじゃないと、人目にさらすのは無理だと理解した。

その前に1話書くのもヒーヒー言っているので、ゴールは果てしなく遠いのだが。

素人作家さんと侮るなかれ、皆さん凄すぎて尊敬しかない。
しかも最後まで書きあげた人は、それだけで賞賛に値すると心から思った。
しかも、面白い作品なら猶更である。

当分、私の作品は日の目を見ることはなさそうだが。
書き始めたからには塩漬けにならないように頑張りたい。
調子に乗らずに、最初は読み切りから初めればよかったかな。

ちなみに、もう一つカクヨムで書き始めたのには理由がある。

なろうでは、読者数が多いためか人の目に晒される機会が多く、
酷評されたり、感想などが荒れる場合があり、
かわいそうに思うことがあるが(私なら筆を折るレベル)、

カクヨムなら下手したらアクセス数ゼロの場合も多く
(誰も読んでくれないともいう)、
人の目にさらされる機会が少ないこともあり、

カクヨムの読者は優しいらしい!

なぜなら見てくれるのは、
同じカクヨムで書いている作家さんだったりするから。
そりゃ書き手の気持ちわかるよね。
サークル活動みたいなイメージかな。

ほぼ読まれないのなら、
誰に批判されることもなく、自由に書けるというわけで、
初心者にはぴったりなのだ。しかも安心の角川。

もちろん、なろうのように人気サイトになれば嬉しいけどね。
カクヨム人気の一翼を担うとかかっこよすぎだろう。
(ペーペーが図々しいこと言ってすいません)

もちろんせっかく書いたからには少しは読んでもらいたいので、
完結したら勇気を出してなろうデビューしたいと思う。
(なろうなどいくつかのサイトでは同じ作品を公開してもいいようなので)
それなら途中で筆を折るということもなさそうだ。

あれこれ言わずにまず書けっていう話だが。

スポンサーリンク