吉祥寺の行列ができる天丼屋さん『日本橋天丼 金子屋』で半熟卵の天ぷらを堪能してきた

ipp

友人家への通り道に昨年オープンしたという天丼屋さん
「日本橋天丼 金子屋」

友人いわく「日本橋の名店」とのこと。
日本橋本店は2~3時間待ちとの噂もあるという。

そりゃ一度は食べてみにゃ!とのことで
土曜日の12時という一番混みそうな時間にいそいそと出かける。

kaneko
場所はラーメン屋の2階。
外でも2、3人待っていたが、少し待ってれば入れそうな雰囲気。
お姉さんが出てきて、並んでいる間に注文をとってくれる。

20分位待ったかな?
思ったよりも早く中に入ることができた。
ipp

お茶とおしぼりは既にセッティング済み。
ipp

常備菜もある。
ipp

ゴボウと生姜の漬け物
ipp

メニュー
ipp

店の雰囲気や、お茶や漬物を楽しんでいるうちに、
ほどなく天丼が出てきた。

私たちは舞茸が食べたかったということもあり、
一番安い「天丼(梅)舞茸」880円に味噌椀120円をチョイス。
安上がりな2人である。

ちなみに(松)は穴子で、(竹)はキスの天ぷら。

美味そ〜〜。
ipp

まず最初に舞茸を一口。
むぉ~舞茸の香りがたまらない。

思わず友人に「舞茸美味い〜」と感動を伝える。
他にエビはもちろん、半熟卵の天ぷらも。
舞茸を食べた後、果敢に半熟卵にトライ!

半熟卵の天婦羅を崩すと中から黄身がトロ〜っと流れだす。
タレがかかったごはんと黄身の相性がこりゃまたたまらない。

夢中で食べていたので、うっかり卵の写真を撮り忘れる。
みたい人はぜひ一度足を運んでみて。

食べ終わる前に、既にお腹いっぱい。
いや、もちろん全部食べるけどさ。

しかし1,000円のランチで、この満足感。
また次の吉祥寺ランチもここにしたい。

「日本橋天丼 金子屋」
武蔵野市吉祥寺本町2-4-17 2F
11:00-22:00 水休
吉祥寺駅北口から徒歩3分
(駅を出て左に歩き、パルコを曲がってひたすらまっすぐ)
map_kanekoya

スポンサーリンク