スコーン大好き!浮気しても戻ってきてしまうお気に入りスコーン店

そのスコーンとの出会いは、東京 国分寺のキィニョンというパン屋さんだった。

キィニョンのスコーン

国分寺に美味いパン屋さんがあるというので、早速お出かけしてみた。
とってもかわいい小さなパン屋さんで、
その頃聞いていたオススメは、クリームパン。

やさしい味わいのクリームと、ふんわりした優しい味のパン生地が
マッチングして確かに美味い。

パン屋さんに行くと、みんな同じような行動をとってしまうと思うのだが、
お目当てのパンの他にも数種類買ってしまうのではないだろうか。

そこで私がクリームパンの他に選んだのが、個人的に大好きなスコーン。
パンではないがスコーンを見たら買わずにはいられないのである。

その頃スコーンと言ったら、
アフタヌーンティーのスコーンが一押しだったのだが、
ここのスコーンを食べてまた違う味わいに惚れてしまった。

なんちゅ〜美味さなんだと思った。

それ以来、キィニョンに行くたびにスコーンを買い続けてたら、
今度は立川にもお店が出来た。
立川にもよく買いに行った。

そして国分寺の丸井にもとうとうキィニョンが出店した。
そしてキィニョンのパン屋の隣にスコーンだけの販売店もできていた。
(立川と国分寺丸井店の前後関係はちょっと忘れてしまった)

それを見て、スコーンはやっぱり人気だったのか〜と感激。
うんうん、美味しいもんね。
種類も増えて嬉しい限りだが、基本プレーン好きの私は
ほぼプレーンしか買わないのだが。

そして、渋谷駅の地下にある、東急フードショーにもちょいちょい
出張店が出てたので、応援の意味もこめて見かけるたびに買っていた。

そして、キィニョン頑張ってるな〜と思ってたら、
今度は渋谷のヒカリエにもお店が出来た。
ipp

しかも、パンも置いてあるがスコーン押しなのは一目瞭然。
ipp

キィニョンのスコーンは何が違うのか

数回キィニョンのレシピを知ることができたので、作ったことがある。
もちろんお店のものと比べると焼き具合やら形やらは未熟だが、
味はキィニョンのそれになった。

その秘密は、生クリームである。

一般的なスコーンはバターを使うが、キィニョンのスコーンは
生クリームを使うのでしっとりと出来上がる。

実際作ってみるとわかるが、バターで作るよりずっと楽チンである。

ざっくりと出来上がるアフタヌーンティーのスコーンのように、
バターはバターなりの魅力があり、
しっとりと出来上がるキィニョンのスコーンは生クリームの魅力がある。

プレゼントに悩んだらキィニョンのスコーン

おそらく誰にあげても喜ばれるのではないだろうか。

お店の人は限りなく親切で、お願いすると個別に包装してくれたり、
箱なども用意されているので、プレゼントとしてあげるには最適である。

実際私もここでなんどもお世話になっている。
そして、喜ばれなかったことはない(多分)。

甘いものがあまり好きではないおじさんにあげた時も
これ美味しいな!と喜んでくれた。

そしてあげる自分も、美味しさを共有できるので嬉しくなる。

だが、一つだけ悲しいことが。

いろいろ浮気したけど、
また食べたくなってキィニョンに久しぶりに行ったら

むむぅ・・

サイズが小さくなっている・・気がする。
てか、やっぱり小さくなっているでしょ。

円安で材料費が高騰したせいかな。
値上げするか、小さくするか悩んだ結果、
後者になったのだろう。

まあ仕方ない。
キィニョンさんの事だから、
きっと頑張ってのこのサイズと値段なのだと思うから。
今後もずっと応援したいお店である。

ラ・ブランジュリ キィニョンHP
(2016年9月1日、渋谷店は閉店に 泣)

他によくリピートするスコーンのお店

色んなお店のスコーンを、売っているのを見るたびに買っているが、
今のところキィニョンのほか、下記4店のスコーンが好みである。
まだ食べてないという方はぜひ。

アフタヌーンティー ティールーム

知る人ぞ知るスコーンの有名店。
大好きな人も多かろうと思う。
外側さっくり、中しっとりの小ぶりの甘くないスコーン。

一口大にちぎって
トッピングの生クリームとブルーベリージャムをつけて食べる。
バターの風味とさっくり感がたまらない。

かつて友人を連れて行った時も、友人が激ハマりしていた。
たまに違う種類のスコーンがあるが、絶対にプレーンをおすすめする。

テイクアウトができないのと、値段が高めなので
優雅目にお茶したい時にだけ利用する。

そんなわけで普段使いではないのだが、
スコーン単体で言えば、キィニョンと同じくらい大好きである。
いや、実は予算が許すならキィニョンよりも食べたいスコーンなのだ。

本場イギリスに近いスコーンはバターを練りこんだこちらなんだろうな。

昔はスコーン用の粉を売っていたらしいのだが、今はない。
ぜひ再度売っていただきたい。

アフタヌーンティー ティールームHP

人間関係

ipp
スペイン坂にある、渋谷で30年以上続いている老舗カフェ&バーだ。

一見敷居がたかそうな感じだが、
朝は9:00から営業していて、席数も多く、
客層も落ち着いた感じなので利用しやすいお店だ。
ipp

そしてここの人気はスコーンである。

入り口にズラリと並んでいるスコーンが圧巻である。
スコーン好きにはたまらない光景だ。

美味しくてしかも安い!
他の店からしたらありえないほどの安さである。

サイズも大きめなのに、値段はなんと120円。
しかも無料で生クリームとブルーベリージャム(プレーンのみ)まで付けてくれる。
なぜかプレーンスコーンにはナッツが入っているので、戸惑わないように。
ipp

もちろん味も文句なしだ。

しっとりとしていて、ほんのりと甘いだけなので、
一般のスコーンの甘さに辟易している人でも大丈夫だろう。
残念ながら持ち帰りはしておらず、イートインのみだが、
提供されるドリンクもボリュームがありお得感満載だ。

ipp

注文方法は、まずスコーンをお皿にとりレジカウンターへ。
ドリンク(頼みたい場合)を頼みお会計。

ミルクやシロップなどはレジカウンターの後ろにあるので、
そこからとって好きな席につく。
ドトールやスタバと同じ形式である。

席の配置というか、間取りが独特なので、
座る席に悩むが、それもまた楽しい。
トイレも複数箇所にある。

ちなみに喫煙可だ。
渋谷のカフェで朝食を食べたいなと思ったら、
ここを選択肢の一つに入れても損はないだろう。
コスパもいいお店である。

DEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)

しっとり系ほんのり甘いスコーン。
今まで数種類食べたが、ここのスコーンは全部美味しい。
色んな種類を食べてみる価値ありだと思う。

値段が高いのが難点だが、閉店前に行くと20%オフとかで
安く帰るので狙い目である。
もちろん朝作りたてのスコーンのほうが断然美味しいけど。
ipp

DEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)HP

神戸屋キッチン

おすすめはクランベリースコーン。
しっとり系だけど、ちょっとモロモロっとする甘いスコーン。
上にはザラメがくっついていて食感の違いを楽しめる。
値段は259円(税込)とそれなりに高い。

理想より少し甘い味なので、
もっと砂糖減らしてくれたらいいのにと食べるたびに思うのだが、
嫌いではない。
ブラックコーヒーや紅茶とよく合う。

神戸屋キッチンはいたる所にあるので、
スコーンを食べたいと思ったら気軽に買えるところがいい。
神戸屋キッチンHP

店によって少し味がちがうという噂あり。

10月に久しぶりにキィニョン国分寺店に行った

現在の国分寺丸井店
ipp

久しぶりに言ったら場所が少し移動していて、
パンとスコーンが一緒の店舗になっていた。

10月に行ったので、ハロウィンフェア中。
以前よりも更にかわいらしい雰囲気に。
ipp

レジ前にある、カバンを置けるちょっとした棚が女子には嬉しい。
どこに行っても思うのだが、店員さんの対応で嫌な思いをしたことがない。

あ、せっかくだから本店にも足を伸ばせば良かった。
次回こそは。

スポンサーリンク