タコベルに行ってクランチラップを食べてアイスコーヒーを飲んできた

ipp

先日、渋谷道玄坂にある、タコベルに初めて行ってきた。

オープン当初は、大々的にニュースになったので
東京に住んでいる人はとっくに知っているだろうが、
1962年アメリカのカリフォルニアでグレン・ベルさんが
創業したタコスなどのファストフード店である。

4月21日にオープンし、当初は連日1時間待ちと言われていたが、
4ヶ月経った今ではすっかり落ち着いたたたずまいである。

初めてのお店で1人なので、
仕組みはネットで一通り読んではいたものの、
それでもちゃんと注文できるかな?と緊張しながらの入店。

金曜日の午前11時にもかかわらず、人がほとんどいない。
むしろ店員さんの方が多いんじゃ?といった感じである。

レジで2箇所、お姉さんがそれぞれいて、
どっちに行ったらいいか戸惑ってウロウロしてしまったら、
お姉さん「どうしちゃったんですか〜」と友達のように声をかけてきた。

困ってんだから、こちらへどうぞとか案内してくれよと心の中で思いつつ、
私もうっかり「迷っちゃって(笑)」などと調子よく答えてしまった(´Д`;)

ま、そんなことはいいとして、
早速注文。

ボリュームがあって食べきれるか不安はあったものの、
一度は食べておけと評判の「クランチラップ」を注文。
肉はビーフをチョイス。

コンボ(セット)は、チップスとアイスコーヒーをチョイス。
しめて850円。
ファストフードにしては高いけどまぁ許容範囲。

コーヒーは、ドリンクバーではなくてお店のほうから提供される。
コーヒーは飲み放題じゃないのか、ま、1杯で十分だけどさ。

なぜだかミルクとシロップはドリンクバーの所に置いてある。
コーヒーと一緒に渡してくれてもいいのにね。

そして呼び出し用のベルをもらう。

注文してから手作りするとのことなので、
出てくるまで時間がかかるイメージだったが、
ミルクを取り、席を選んでいる間にもうベルが鳴った。
はやっ!
ipp

せっかくなので下の階で食べることに。
入り口入って、すぐ右脇に降りる階段がある。
ipp

階段を降りて正面はトイレ、
その脇に食べ終わった後のゴミやトレーを置く場所がある。

そして全体を見回して驚いた。
ipp

ipp

ipp

一人もいない。
貸切っす(^^;)

いい機会なので撮影タイム。
個室っぽいところもあるんだね。

ipp

ipp

1段高い場所にある席
ipp

そんな貸切状態の中、自分は迷わず端っこに座る(笑)

さっそくクランチラップ実食。
ipp

むぉっ美味い!

しっとりとしたトルティーヤの中に、
チーズソースと野菜とカリカリのトスターダ(トルティーヤを揚げたもの)が。
食感がたまらない。!

そしてアイスコーヒー。
うむ、ファミマなどコンビニのアイスコーヒーと同じ味がする。

許容範囲だが、コーヒー単品が180円なので、
個人的にはもう少し濃くしてくれてもいい気もするが、
これはこれで万人受けする味だと思う。

そしてひたすら黙々と食べ続けること数分。
半分くらいでお腹がかなり膨れてきた。
やはり女性にとってはなかなかボリューミーなサイズである。
だんだんチーズクリームが重くなってくるが、頑張って完食。

サイドメニューのチップスは食べきれなかったので、
袋に入れてお持ち帰り。
晩のビールのおつまみに丁度よかった。

こんなこともあろうかと袋を家から持ってきていたが、
お店に「持ち帰りたいので袋ください」と言ったら普通にくれるはず。

次回は彼と来てシェアすることにしよう。

タコベルの隣の店に行列ができていた

食べ終わって、お店からでたら隣の店に行列ができていた。

タコベルじゃなくて今度はこっちに行列??

調べてみたら、
コックマンという、コスパがいいと評判のビストロらしい。
ワンコインランチ(数量限定)が人気のお店だそう。
ipp

すごく気になる。
ワンコインランチ以外もすごく美味しそう。
今度はコックマンにチャレンジしてみたい。

【ぐるなび】コックマン ボリューム満点ランチ

スポンサーリンク