リピート確実!ソース好きなら渋谷『東京トンテキ』のトンテキ定食を一度食べてみるべし

tonteki

「お昼ご飯何にする?寿司?肉?」
「う〜ん…東京トンテキにしようか!」
「いいね!」
彼とお昼を何にしようか悩んだら、東京トンテキの名前が必ずでてくる。
そのくらい、お気に入りの店である。

渋谷東口から徒歩2分、ヒカリエのちょっと先にあるビルの2階に、
知る人ぞ知る超人気店『東京トンテキ』がある。

東京トンテキ
住所:東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル2F
営業時間:11:00~15:30(L.O.15時)/ 18:00~23:00
定休日:なし

トンテキとは何かというと、豚肉のステーキの事である。
ipp

厚切りの豚肩ロースに、
野菜や果物、スパイスなどをブレンドして熟成させた
オリジナルのトンテキソースソースがこってりと絡まっていて、
舌を十分満足させてくれる。

じっくりと焼かれていて、肉もジューシーで柔らかい。
思い出しては食べたくなる味である。

ランチ開始は11時。
11時ちょうどにいけば、問題なく入れるのだが、
30分くらいたつと既に満席の場合が多い。

先日は、土曜日の14時くらいにいったのだが、
満席で少し待つことになった。
昼を外してもこの状態なので、人気のほどが伺えるだろう。

難点は、店内に待つところがあまりないので(2〜3人でいっぱい)
ドア外の階段のところで待つ事になるのだが、そこがとても暑く、
夏の時期に待つのはかなり辛い。

レジ前
ipp

マスコット?
ipp

夏の間は開店間際など、
すぐに入れそうな時間を狙って行くことを強くオススメする。

厨房の様子
ipp

いつもトンテキ定食1,050円(税込)という肉200gの定食を頼んでいるが、
彼が食べ終わった後いつもお腹いっぱいと言っているので、
一番量の少ない定食でも、普通の男性なら十分お腹いっぱいになると思う。

エプロンがいるかどうかは、あえて聞かれないが、お願いするともらえる。
白が出てくるかと思いきや黒のエプロンなので中々カッコイイ。
ipp

トンテキ定食(ほとんどの人が頼む定番メニュー)きた〜♪
ipp

もちろん大トンテキ定食、特大トンテキ定食という、
ボリュームたっぷりの定食もある。

ご飯が最初から大盛りなので、「少なめにしますか?」と聞かれるが、
私はもちろん「そのままで大丈夫です♪」といつも食べる気満々である。

イメージ的には、丼もののご飯くらいの量かな?

トンテキとご飯がとても合うので、
肉食おなか元気系の女子であれば、
遠慮なくガッツリとご飯を食べていただきたいとは思うが、
普通の女子なら、少なめにしてもらった方がいいかもしれない。

カップルなら、そのままの量を頼んで彼に分けてあげるといい。
私も毎回(気持ち分だけ)彼におすすわけしている。

定食についている豚ひき肉の入った味噌汁も美味しくてご飯がすすむ。

バルサミコ酢と、マヨネーズもテーブルにセッティングされているので
好みで味に変化をつけるのもいい。

そして、お冷は水ではなくて冷茶(ジャスミンティ)なのも嬉しい。
個人的には氷を入れて欲しいけど。
店員さんがこまめに回ってきては継ぎ足してくれる。

当然、ビールにも合う。
毎度ビールを頼みたい誘惑にかられるのだが、
飲むとお腹がはちきれる気がするので、ぐっと我慢である。

他にもチャーミンという特性肉みそ入りモヤシ炒めが
美味しいとの噂だが、まだチャレンジしたことがない。
毎回気にはなるけど、トンテキは必ず食べたいから、お腹の余裕がない。

まだ行ったことがない方はぜひ一度どうぞ。

お冷の語源を調べてみた

自分で”お冷”と書いていて、
そういえば”お冷”って何を指す言葉なんだろう。

お水のことだと思っていたけど、
本当はどうなんだろうと思い調べたら、こんな面白いものを見つけた。

飲食店で水のことをお冷というのはなぜでしょうか? 〜Yahoo知恵袋より

長分だけどベストアンサーの回答が面白くて、思わず最後まで読んでしまった。

スポンサーリンク