吉野家の牛丼も食べられるカレーうどん屋さん『カレーうどん屋 千吉』

飲食の話

本日のランチの気分は、吉牛だが、
連れは麺類を、他の連れはカレー食べたい。
そんな時は誰かが妥協したりしなくていい店がある。

それは『カレーうどん屋 せんきち』
関東圏にチェーン展開しているうどん屋さんである。

スポンサーリンク

牛丼も食べられるカレーうどん屋さん

本日行った場所は、渋谷道玄坂を登った先にある所。
タイ料理屋コンロウの隣である。
(現在、渋谷道玄坂店は閉店しています)

早速のれんをくぐる(のれんはないけど)。

店内は黒を基調とした内装で、この日のスタッフは全員女性だったせいか、柔らかい雰囲気でなかなか良い感じがした。

カレーうどんが跳ねても大丈夫なように、エプロンもくれる。

基本のメニューは店名と同じ
『千吉カレーうどん』500円
和風だしにミルクを加えたオリジナルとのこと。

ごはん・サラダをつけても680円。
値段もとても手頃である。
他にもいろいろなアレンジメニューやトッピングもある。
ipp

また、嬉しいことに、この店は吉牛と同じ系列店なので、牛丼とのセットもある(数量限定と書いてある)。
もちろん味は、間違いなく吉牛の味である。
ipp

そして、カレーだからなのか『マンゴーラッシー』もメニューにある。
なんと100円という安さである。
ipp

牛肉丼セットとマンゴーラッシーをチョイス。
マンゴーラッシーを一口。
たまたまかはわからないが、激甘っ。

うどんの汁を一口すする。
ミルキーで甘いかな?と思いきや、
後からじわじわ辛さがくる感じ。
「うま〜い♪」
スープも残さずぺろっといけちゃう、そんな美味さ。

後半はだんだん口の中が辛くなってくるが、
そんな時にマンゴーラッシーを一口、
「うま〜〜い♪」

スパイスでヒリヒリしたクチに、マンゴーラッシーの甘さが心地いい。

そして、牛丼は当然うまいが、
残ったご飯をこのカレースープと食べるとやはり美味い。
予想どおりの美味さである。
ipp

牛丼セットにしない人も、ご飯もぜひセットで頼んでいただきたい。
うどんは、中々スパイシーなので、
子連れの方は注意したほうがいい。
店内に確かに子連れはいなかった。

後でホームページを見たら、
創業時、味の監修をタモリさんにしてもらったとのこと。
「へ〜」

思い出したらまた食べたくなってきた。
近いうちにまた行く予感100%。
※実は料理に夢中になりすぎて、リアルなうどんの写真を撮り忘れてしまったm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました