私も…人の顔が覚えられない「相貌失認」という病気の人は50人に1人いるらしい

a1620_000840

私は人の顔を覚えるのが苦手だ。

苦手というより、
人の顔の区別がつかないというのが正しい。
その事には昔から気づいていた。

世間ではこれを「相貌失認(そうぼうしつにん)」
と呼ぶというのは、最近ネットで知った。

私はそれほどひどい認識障害ではないので、
同級生や同僚など、何度も会う人や、
個性的な顔の人であればちゃんと区別がつくし、

体格や髪型など全体的な形で判断しているので、
生きてくうえで、さほど困ることはなかった。

よく、誰々に似ているというような話を友人とする時、
私は決まって「形が一緒だよね」と言っては
「何それw」とサラッと笑われる程度だった。

そんなある日。
これまでは人にバレずにやってこれたのだが、
とうとう彼にバレてしまった。

バレたといっても、大したことではないが、
彼が天然記念物をみたかのように、
すごく驚いていたので、
そんなに驚くほどのことかと逆に驚いた。

ちなみに何でバレてしまったかというと、
仲良しお笑い芸人の再現VTRで、

チュートリアルの徳井さんがカツラをかぶって、
スピードワゴンの小沢を演じていた時に言った私の一言。

私「あの再現VTRの人、もっと小沢に似た人にすればいいのに」
彼「あれ徳井だよ、え!!わからなかったの?まじで??」
私「・・(やべっ)」

過去にも何度かやらかしたエピソード

その1

前の仕事を辞めて、PCスクールに勤めた時、
体験入学でレクチャーしてあげた人が前の会社の上司だった。
どっかで見たことあるな〜と思ったが、帰るまで全く気づかず。
(家に帰って記憶をたぐりよせ、もしかして?とようやく気づく)

その2

前の仕事先の事務のお姉さん。
一緒にランチまでしてた仲だったのに、
会社の外で会った際には、
どっかで見たことあるな〜とは思ったが、全く気づかず。
(家に帰って記憶をたぐりよせて、もしかして?とようやく気づく)

その3

上司は目が大きい人だな〜と何ヶ月も思っていたら、
実はメガネをかけていただけだったと知る。

その4

お見合いパーティに参加した際、
カップルになった男性の顔を忘れ、
他の男性の元に行き挨拶してしまった。
相手に怪訝な顔をされ、やらかしたことに気づく。

その5

ドラマや映画などもやばい。

最近見た韓流ドラマ、
麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち

主人公の男性は個性的な目をしているし、
他のドラマでも何度か見かけているのでわかったが、
他はほぼ区別がつかず大混乱であった。
(相貌失認じゃない人でも区別つかないと思うんだけどな〜)

アメリカの海外ドラマや映画でも、
あれ、この人犯人なのに、なんで刑事?
二人いて服ちがうし?どっちがどっち?

などと、顔の区別がつかなくなり、
話がわからなくなるときがちょいちょいある。

仲間はたくさんいる

私の頭が悪いか(まああまりよろしくはないが)、
注意力が散漫で覚えられないのかと思っていたが、
「相貌失認」という病気だったとは。

かの、アメリカの俳優ブラッド・ピットも「相貌失認」だという。
なんとなく心強い。

しかも2%(50人に1人)はこの病気らしいから、
決して珍しい病気でもないのだ。

やっぱり自分の悩みの原因が判明するっていいよね。
ふ〜これで安心して生きていける。

人数が多いので、もっと世間に認知されるといいのだけど、
きっと私みたいに最近病名を知ったみたいな感じで、
無自覚な人も多いんだろうな。

スポンサーリンク