Viron(ヴィロン)超うまっ!フランスパンってこんなに美味しかったのか〜

美味しいものは大好きだが、グルメでもなんでもない私は、
パン屋さんで売っているフランスパンなんて
どれも似た様な味だと思っていた。

そんなわけで、フランスパンで有名な渋谷のヴィロン(VIRON)という店。
よく店の前を通るものの、高そうなので購入までには至っていなかった。

ある日、美味しいパンはないかとぼーっとネットを見ていたら、
そのヴィロン(viron)が日本一美味しいフランスパンとうたわれていた。

みんな絶賛してるな〜、でもランスパンでしょ?と思いつつも
話のネタに一度は食べてみるのもいいかなと、
初めて買いに行ってみることに。

店内のパンはやはり高い。
サンドイッチなんて800円もするし、
クロワッサンに何かコーティングしたものも600円とかする。
ipp

そんな値段を見ると、フランスパン(vironではバゲット・レトロドールという)
350円がすごく安く感じる。
よく見ると菓子パンは高いけど、フランスパンなどの食事パンはそんなに高くはない。

見るとバゲット・レトロドールの隣に同じ生地を使っているという
四角い小さいサイズのパンが。

最初は、バゲット・レトロドールを買うつもりだったのだが、
一人で食べるつもりなので、この小さいサイズがいいと購入。

名前はブーリッシュ・ドゥミ(税別175円)。
ipp

※後日、これより大きいサイズ(写真左:ブーリッシュ)も食べてみたが、
切るのは大変だわ食べきれないわ粉だらけだわで、ドゥミの方をおすすめしたい。

実食

ipp

早速カットして、マスカルポーネチーズをつけて食べる。

「うまっ!!!!」
食べた瞬間に驚いた。

切るとすぐにわかるのだが、
他の店で買ったフランスパンよりほんのり黄味がかっているような。
そして気泡がでかい!(たまたま?)

ipp

これだけでも他のフランスパンと違うと思ったのだが、
とんでもないしっとり感なのである。

皮もまたしっとり、アゴが痛くなるほど噛みごたえのある
コシの強さと美味さ。

うまうま。
夜にも関わらず、パクパクと食べる。
ついでにワインも取り出してきて、パクパク。

「は〜明日もこれ食べたい」

というわけで翌日も買いに行ってしまった。

そしてブルーベリージャムとクリームチーズをつけて食べる。

「は〜、もっと食べたい」

というわけで更に翌日も買いに行ってしまった(しつこい)
私は、気にいると何日も同じものを食べてしまうのだ。

今度は、バゲット・レトロドールにチャレンジすることにした。
これぞ、日本一美味しいフランスパンと言わしめたパンである。

ipp

見た目からして美味そうなことは伝わるだろう。

早速カットして食べる。
「うま〜〜い♪」

ブーリッシュ・ドゥミと味は同じなのだが、
形や焼けている皮の部分の面積が違うので、違う味わいである。
これはこれでやはり美味い!!

だが、さすがに大きいので残りは保存することに。

すぐに食べない場合は、風味が落ちるので即冷凍してくださいとのことだった。
冷凍するための袋(説明書もあり)をお店がくれるほどのこだわりっぷりである。

だがこのお約束を破ってしまった私。
明日の朝すぐ食べるからと冷凍せずにそのままビニールに入れて保管。
そして翌朝。

「あ・・・」

前日の美味しさを残してはいるものの、確かに前日よりも味が若干劣化していた。
なるほど、お店が冷凍を推奨するのがよくわかった。
次回からはちゃんと冷凍しようと反省。

後日、すぐに冷凍して、半解凍したあと焼いて食べたら確かに
購入時とそれほど変わらず美味かった。

お店での買い方に少々戸惑うけど頑張ろう

ヴィロンでの購入の仕方は、自分でパンをトングでお盆にのせる形式ではなく、
ショーケース越しに注文する形式だ。

神戸屋キッチンやケーキ屋などもこの形式だが、
ショーケースが高く、ちびっこには辛い。
そしてショーケースが横にとんでもなく長いので、
離れた場所にあるパンなどはとても選びづらい。

また、種類も多いので、じっくりと説明を読みながら全種類見るのは厳しい。

ipp
毎日通って、今日はこのブロックというように見ていくのがいいかもしれない。

名前を言えば店員さんが取りにいってくれると思うのだが、
名前がフランス式の名前なので、読みづらい覚えづらい言いづらい。

頑張って名前を言ってみるものの、発音があっているのかわからないので、
ちょっと遠慮がちになる。

仕方ない時は指さしに行くのだが、
混んでいる時などは他のお客さんを押しのける羽目になるのでやりづらい。

しかも渋谷店はレジをするところが2箇所、
ショーケースの両端にあるため少し混乱する。
(その点は、店員さんが誘導してくれるので大きな問題ではないけど)

おそらく初めて買うほとんどの人が、パンの難しい名前にとまどい、
後ろで待っている人、店員さんを待たせてしまっているというプレッシャーに負け、
落ち着いて買うということはできないだろう。

そんな難関もあるけど、人がいない時を見計らっていけばまあ大丈夫かな。
心を強く持って行こう!

美味しいパンを手に入れるためには避けて通れない道なのだ。
ショーケースにパンが入っているので、衛生的には良さそうだしね。

一度はサンドイッチ食べてみたいな〜、高いけど。

ipp
2階にはレストランもあり、こちらも朝から大人気。
ランチはパン食べ放題らしい。

スポンサーリンク