お金とカロリーが許すならまた食べたい!『新宿中村屋のインドカリー』

吉祥寺駅ビルの地下や東急百貨店にあるカジュアルレストラン『オリーブハウス』
友人とたまに行くのだが、いつもパスタやドリアなど値段が無難なものを頼んでいた。

ここは新宿中村屋系列のレストランなので、インドカリーが有名なのだが、
なんせ値段が高くてなかなか食指が動かなかった。

なんせ収入は中の下の一般庶民なので、
高すぎて中々思いきれない。
だが、先日の誕生日(友人のだがw)に思い切って注文してみた。

ipp
インドカリー(税込1512円)

具はチキンだけ(野菜は溶け込んでいる様子)
なんと骨付きである。むぅ、食べづらそうだが・・と思ったのだが
ホロホロと骨から肉がはがれる。

カレーの味はというと、一見欧風カレーっぽいビジュアルなのだが、
辛すぎず甘すぎず、でもスパイスが効いていてうま~~~い!
めっさ好みのカレーである。

自分のカレー史上2番目に好きなカレーになってしまった。
(そんなにカレーを食べているわけではないけど)

ちなみにカロリーは1000kcal近かった・・・値段よりもおそろしい。

デザート

そこに更に追い打ちをかけるようにパフェを頼んでしまう私たち。

「誕生日だからいいんだよ」
「そだね!」

「むしろ誕生日だから食べなくちゃ!」
「誕生日じゃなくても食べるけどね!!」

などとアホな会話をしているうちにパフェが出てきた。

ipp

意外とこぶりなパフェだったので、カロリー的には喜ぶべきところだが私らときたら
「見本の方が大きくね?」
「そだね!」

とブツブツいいながら食す。

「美味いね」
「美味いよね」

「ジャリジャリ(←コーンフレークのこと)入ってないよね」
「あれ入ってると、パフェが台無しだからね!」

「でも、このジャリジャリが好きな人もいるらしいからね」
友人は、ジャリジャリの話題が出ると必ずこのセリフを言う。

そんなどうでもいい会話を繰り広げ、食事終了。
なんだかんだ言いながら、大いに満足して店をでる。

今度レトルトを買ってみようかな。

スポンサーリンク