買ったことも言っちゃダメ!宝くじは当たる前から周りが恐い

年末ジャンボ10億円、当たった方はおめでとうございます!

私は旅先なのでまだチェックできていないのだが、
実際当たったら人生が崩壊したとか、
犯罪に巻き込まれたりなど残念な事も起こったりしているよう。

私自身、「年末ジャンボを買った」と言っただけでも、
こんな恐ろしい目にあうんだから、
「10億円当たったら何しよう」と妄想しているときが
一番楽しいのかも知れないと思う今日この頃。

友人に宝くじを買ったと言ったら

昨年末、これまで宝くじは当たらないものと思っていたので、
年末ジャンボなど買ったことはなかったが、
人生に疲れてしまい、魔がさしてうっかり買ってしまった。

買った場所は吉祥寺駅前、当たると評判の宝くじ売り場。

友人は毎年、銀座のチャンスセンターまで出かけるくらい
年末ジャンボ好きなので、盛り上がるかと思って話しただけなのだが、
そのことを友人に言うと、私にだけ当たらせてなるもんかと
思ったのかどうかはわからないが、
「自分もそこで買う!」と更に追加買いに走った。

そこで私が
「10億円当たったら1億円あげるよ、一人でお金持ちになっても楽しくないしね」
と言ったら、「やった~!!」と大喜びした。

私はそこで友人からも、私もあげるよという言葉を期待したが、
その言葉を聞くことはなかった。

本気じゃないにしても、言ってほしかったと思うのは私のわがままだろうか。

もし友人から、私もという言葉が聞けたなら、
本当に喜んであげるつもりだったが、
なんだか気持ちが萎えてしまった。

親に宝くじを買ったと言ったら

うちの母はどうせ当たらないからもったいないと、
買ったことがないそうだ。

そんな母に友人との宝くじの話を言ったら、
「そんなことは絶対に言うもんじゃない!」と激怒される。

「いや、当たるわけないし」と言ってもまた怒られた。
母いわく、口約束でも本気にするし、
あげなくて訴えられたらどうするとの事らしい。

そこまで(母に)真剣にとられても困るし、
本当に当たったら別にあげてもいいと思っているし、
なぜ絵に書いた餅ごときでそんなに怒られなきゃいけないのだろう…

私が「じゃ、10億円当たっちゃったらどうする?」
と聞くと、
「お前に有休とらせて、切符から日程まで全ての手配とガイドもしてもらって、
幼なじみに会うために旅行する」という。
私の都合など全くお構いなしである。

そして、買っておけばよかったと、なぜだかすごく後悔していた。
おいおい。

金が入るとなると傲慢になるのは間違いないようである。

おじさんに宝くじを買ったと言ったら

正月、母の家にいるとおじさんが遊びに来た。

そこで会話の拍子に宝くじを買った話になった。
「確認したのか?」と言われたので「まだだよ」と答えた。

話はそれで終わるかと思いきや、
「何枚買ったんだ?どこで買ったんだ?もう当選番号発表されているから
スマフォでチェックできるぞ!」
と、おじさんから思いがけないプッシュに会う。

「家に置きっぱなしで持ち歩いてないから」と言ったらガッカリしていた。

しかもその後も
「当たったら仕事辞めるのか?いくらなら辞める?」などと突っ込んでくる。

「いや、くじ運よくないしまず当たらないから」
とまたまた~みたいな感じで流したが、心の中はヒェェである。

いやいや、
これで当たったとしたらどういう目に合うんだろう…

ちなみにおじさんは毎年買っている。

教訓

宝くじは買ったことすらも、人に言うのは危険である。

その後の私 2016.1.5

1月5日、家に戻って年末ジャンボのチェックをした。
案の定、ハズレ(300円のみ)。
ほらやっぱりね。

今回も何万人の人が夢破れたことだろう。
ただ、買った日から当選日まで、
楽しい夢を見ることができたのは間違いないと思った。
たまに夢を買ってみるのも悪くないもんだね。

今日も懲りずに、末等300円を換金しにいった宝くじ売り場のおばちゃんの
「これすごく売れてるんですよ〜」との誘惑の一言に、
ちびまる子ちゃんスクラッチ(1等5,000万円)を買ってみる私。

もちろん誰にも言わない。
そして当然のごとく末等(200円)しか当たらない私。
高額当選で震える経験を一度でいいからしてみたいな~。

スポンサーリンク