松茸ご飯食べ放題!『赤坂松葉屋』の大満足ランチと日枝神社散策

彼が「松茸ご飯食べ放題行きたい!」と言ってきた。

「へ~松茸食べ放題なんてあるの?、そりゃ行かないと」と私

土曜日もランチをやっているということなので、
(日曜はおやすみ)
ご飯を食べる為だけに遠出するのは珍しいのだが、
松茸という名前に惹かれて行くことに決定。

場所は赤坂。知る人ぞ知る、
松茸・飛騨牛専門店『赤坂松葉屋』である。

オープンは11時半〜なので、念のため少し早めに行くことにする。
昨年テレビで取り上げられたばかりの時は、
オープン前から30人くらい並んでいたともあるとか。

ちなみに、1年中食べられるようである。
秋は生の松茸で、他のシーズンは乾燥松茸とのこと。
キノコは乾燥しても美味しいのでいつ行っても美味しく食べられそうだ。

『松葉屋』に到着

早めに着いたが誰も並んでなかったので、
赤坂サカスなどをウロウロしていたが、
それでも時間があったので10分前に店頭に並ぶことにした。

風情ある店構え。
ipp

反対側からも撮ってみる
ipp

メニュー。
ipp

玄関前もいい感じ。
ipp

ほどなく入り口に電気がつき、お店の人が出てきた。

中の椅子にかけてお待ちくださいと声をかけてくれ、数分後、
「準備ができたのでどうぞ」と早めに案内してくれた。
超優しい♪

玄関。
ipp

靴は履いたままで良いとのこと。
2階の広間に用意される。
ドキドキ。
ipp

おおっ
テーブルと椅子がずらりと並んでいた。
ipp

ipp

奥には屏風もあり、素敵な雰囲気である。
ipp

11時半には4組ほどが着席していたが、
まだまだ席数があるので少しだけ貸し切り気分を味わう。

クリームコロッケランチを注文

メニューを見ると色々書かれているが、
クリームコロッケランチ1,300円、当然これを注文する。
ちなみにこれが一番安いランチである。

彼が他の高いのでもいいよと言ってくれたが、
私は心からクリームコロッケが食べたいのだ。
安上がりな女である。

雰囲気を楽しんで歓談していると、
ほどなくランチが出てきた。(ご飯盛り付け後の写真)
ipp

おひつがとても可愛いのだ。
ipp

おひつの蓋を取った際に、
ぷ〜んと香ってくる松茸の匂いに超テンションがあがる。
ipp

お茶碗でちょうど2杯分入っている。

茶碗に2人分よそうと、おひつが空になるので、
すかさず仲居さんが新しいおひつを持ってきてくれる。

食べ終わってから新しいのが来るのではなくて、
すでに次のご飯が待機してあるので、安心してモリモリ食べられるのが嬉しい。

仲居さんも素晴らしく、事細かに松茸ご飯が足りてないのかを
チェックしに来てくれるので「すいませ〜ん」などと
大声を出さなくてもいいのが嬉しい。

客層も全体的にとても品がよい感じ。
みんなが静々と松茸ご飯を堪能していた。

この日はなぜだか食欲満点、しかも彼より私の方が食べるの早いという。
そして、彼がご飯をよそってくれるというサービスの良さW
うーんありがたい。

クリームコロッケにもお吸い物にも松茸が入っている。

3杯おかわりさせてもらったおかげで、さすがにお腹いっぱい。
(夜までお腹いっぱいだった)

デザートの洋ナシのシャーベット
ipp

デザートの小豆入り抹茶アイス
ipp

当然女子はデザートは別腹なので、
お腹一杯で入らないという彼の代わりに二人分私が食べる。
そりゃなかなか痩せないわけだ。

満腹になった後は日枝神社に行こう

ipp
赤坂見附の駅近くに、日枝神社がある。
名前だけでも聞いたことがある人も多いのではないだろうか、
厄除け・縁結びでとても有名な神社である。

そういえば以前本で読んだことがあるが、
パワースポットとしても有名で、政財界の崇敬者が多いらしい。

バッタがいた。
ここだけ別世界、自然豊かな場所だ。
ipp

稲荷参道(赤い鳥居があるところ)を通って境内に向かう。
素敵すぎる。
ipp

ipp

この日は、七五三の時期で多くの親子連れがいた。
土曜日なので結婚式も行われていて(結婚式場としても人気)とても賑わっていた。

ipp

外国人の観光客も数人いたが、
ここを訪れただけでも日本というものを感じることができるだろう。
こてこての日本人の私が感激するくらいだから。

本当に日本らしい素敵な景観を見ることができるスポットである。

神猿像。
ipp

表参道。本当はここから入るべきだったか?
ipp

ipp

神木。
ipp

表参道を降りて左に迂回すると、隣接している『山の茶屋』が見えてくる。
ipp

あまりに雰囲気がいいので中からも撮ってみた。
ipp

ご飯も美味しいし景色も素晴らしいし、日本に生まれて良かったな~。

まだ訪れた事がない方は、
松葉屋で松茸ご飯を堪能した後にぜひ寄ってみて欲しい。

スポンサーリンク