麦飯(大麦)は食物繊維が白米の10倍、玄米の3倍、多く含まれていたという事実

ipp

最近、週3くらいで食べている弁当がある。

セブンイレブンの「ねぎ塩豚カルビ弁当 398円(税込)」である。
ipp

この弁当の何が美味いかって、麦飯が美味い。
ipp
しっかりと味つけされた豚カルビと、
麦飯の独特のもちぷりした食感が絶妙で、たまらなく美味い。
エンドレスにこの食感を楽しみたいという気持ちにさせてくれる。

ここ最近は発芽玄米にはまり、
玄米のもにゅもにゅ感をずっと楽しんできたが、
今のマイブームは麦飯。

麦飯のもちぷりを楽しみたくて、レトルトの麦飯も買ってみたが、
セブンの「ねぎ塩豚カルビ弁当」の麦飯の方がうまかった。
おそらく麦の量が違うのだろう。

そこで気になったのが、麦の栄養成分。

最初は、麦って小麦粉(パンやうどん)の元だよね?
てことは、米より腹持ちがよくなくて繊維質もそんなに入ってないよね。

しかも栄養たっぷりの玄米には、どううやったってかなわないだろう。
と思いこんでいたが大間違いだった。

特に繊維質。玄米の3倍あった!( ̄Д ̄;ヘ〜
(白米の10倍)

単純に食感がたまらなくて食べ続けていただけが、
たしかに「ねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)」を食べるようになってから、
やたらとお通じがいいような気がしていた。

発芽玄米を食べていた時もお通じはかなりよくなったが、
倍よくなっていた感だった。

そうか、麦飯のおかげだったのか。

もちろん玄米はビタミンB1と、ビタミンEが多く含まれているし、
発芽玄米はGABAが大量に含まれているので、これはこれで素晴らしいのだが、
お通じで悩んでいる女性には、麦飯のほうが良いようである。

そういえばハトムギもお肌にいいしね。
麦、あなどれなかった〜。

麦飯に使われているのは大麦

麦という言葉を聞いて、小麦粉をすぐにイメージするが、
麦飯に使われているのは大麦である。

調べて初めてわかったのだが、小麦にはグルテン(粘りのもと)が含まれているが、
大麦にはほとんど含まれていない。

なので大麦でパンを作ってもうまく膨らまずに、固いパンになってしまうようである。
パンや麺の原料は小麦、味噌や醤油やビールや麦茶の原料は大麦である。

ということは、小麦よりも、米に近い食品ということなのだろうか?

ちなみに自分でも麦を買って(米に混ぜて)炊いてみるかとも思ったが、
考えてみたら家には玄米しかなかった( ̄Д ̄;

玄米に麦もイケるのか?
すごい食感になりそうだが今度試してみよう。

実は家には、
肌に良いとされる炊き込み用のハトムギがあるのだが、
調べてみたら、これも大麦とは全然違う麦だとのことである。

麦と名がつけども、一概にひとくくりにはできなかった。
奥が深いな〜、というか紛らわしい(自分の勉強不足を棚にあげる)。

スポンサーリンク