エブリィの人材教育『類人猿セミナー(類人猿分類)』が想像以上にスゴかった

6月23日放送テレビ東京『ガイアの夜明け』
『快進撃スーパーの裏側 驚きの人材力!」を見ていたら、
広島の大手スーパー『エブリイ』の人材育成方法を特集していた。

この育成法で、人間関係がよくなり、売り上げがアップしたという。

その名も『類人猿セミナー』

人を4匹の猿(オラウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)に
分類して、性格分析をして仕事に役立てるというものである。

・オラウータン(論理的思考、集中力、理屈っぽい、感情を出さない)
・ゴリラ(ルーティンワーク、縁の下の力持ち、自己主張しない)
・チンパンジー(新規開拓、社交性、攻撃敵、飽き性)
・ボノボ(思いやり、感情的な判断、依存的)

この性格分析により、コミュニケーションがより円滑になるという。

正直言って、かなり面白かった。
最初は、それでうまく行くんだったら苦労しないけどね、
と思っていたが、セミナーの様子を見て驚いた。

同じ種類の猿(人)たちが、
一つのフラフープを人差し指で持ち上げようとしても、全くうまくいかない。
でも多種類の猿(人)たちが、同じことをするとすんなりと持ち上がった。

そしてセミナーを終えたリーダーが、
現場で指導の仕方や褒め方を、猿の種類によって変えた所、
常にまわりにイライラしていたリーダー自身も柔らかくなり、
常にビクビクしていた部下は心に余裕ができ、
人間関係も売り上げも大きく向上していた。

まじで(°д°)?

確かに、自分自身も
会社の人や友人に当てはめてみるとすごくしっくりとくる。

私が、なんであの人とうまくいかないのかなと思っていた人も、
行動が似てるな〜という人も、猿に当てはめると納得が行く。

そして、自身の猿の種類を知ることでも、
客観的に自分を見ることもできるようになった。

あの人(自分に合わない人)いなかったら楽なのに、など
自分とは違うタイプの人間を敬遠しがちだったが、
逆にタイプが違うからこそ、うまくいくんだとも思えるようになった。

エブリィの挑戦
「エブリィ」の成長を支える類人猿分類・人間塾

類人猿分類診断をしてみよう

基本的には、
(1)感情を表に出すタイプかそうじゃないか
(2)保守的かそうではないか

の、2つの質問に答えるだけで、自分がどの猿かわかるのだが、
どっちかなと悩む場合もあるので、
診断の際は質問項目が少し多い、下記のサイトをおすすめしたい。

こちらで診断すると、更にタイプの精度が増すと思う。

精神科医 名越康文監修 類人猿分類診断 GATHER

ちなみに私は、
「感情豊かな寂しがり屋、ボノボ」
うむ、予想どおり。

↓ボノボのおっさん(?)
bonobo-810549_640

“(ボノボは)笑ったり泣いたり怒ったり、感情表現が豊かです。

人前で演説やプレゼンをしたり、論理的に物事を説明して相手を説得することなどは苦手。
責任ある立場に立つことは好まず、出世欲もそれほどありません。
嫌われず、みんなと仲良く過ごすこと。それがボノボにとって、いちばん大切なことです。

チンパンジーの攻撃性にいちいちドキッとしてしまったり、
オランウータンやゴリラの冷静さに、「私のこと、嫌われていないかな?」と
勝手に心配になってしまうこともあります。”

うむ、その通り。
自分という人間を見透かされているようである(´Д`;)

友人にもやらせてみたが、ゴリラかなと思っていた友人はゴリラ。
チンパンジーかなと思った友人は、やっぱりチンパンジーだった。

そう考えると、今までこいつ理屈っぽいな〜とか、
自分勝手じゃないのそれ?などと、
いちいち腹が立っていた事も腹が立たなくなった。

試しにチンパンジーの友人を、チンパンジー用の褒め方をしてみたら、
想像以上に喜んでくれた(笑)

かなりの効果が期待できると思う。
ぜひ、自分の会社も含め、いろんな企業に実践してもらいたい。

本も出てるよ

ゴリラの冷や汗(アマゾンにリンクしてます)
2014/2/1 Team GATHER Project (著), YUKARI (イラスト)
gather

類人猿分類公式マニュアル2.0  人間関係に必要な知恵はすべて類人猿に学んだ
(アマゾンにリンクしてます)
2015/9/11発売 Team GATHER Project
clip_image002

セミナーとは関係ないが、こんな本も↓
長年チンパンジーの調査研究を行っている理学博士の古市先生が書かれた本。

あなたはボノボ、それともチンパンジー? (アマゾンにリンクしてます)
2013/12/10 古市剛史 (著)
15492

『ゴリラの冷や汗』は、あくまでも絵本なので、
セミナー的な内容を期待して読んだ方々はがっかりしたようだが、

9月に発売される、『類人猿分類公式マニュアル2.0』は、

”14期連続2桁増収、7期連続増益の食品スーパー「エブリイ」の、従業員の個性を活かす人事の秘密「類人猿分類」のすべてを解説する決定版マニュアル”

とのことで、大いに期待したいところである。
(アマゾン、または、著者Team GATHER Projectのサイトでも予約受付中とのこと)

類人猿分類特設サイト

類人猿セミナーについて書かれたサイト

東洋経済ONLINE
話題沸騰!「類人猿分類法」は何がすごいのか

キャリコネニュース
あなたはどのタイプ? 従業員を「4つの類人猿」に分けたチームづくりで業績アップ

セミナー – Team Gather Project
GATHERセミナー『ガイアの夜明け』をご覧いただいた皆様へ。

スポンサーリンク